初回はコミコミで1190円!個室日焼けサロン「あらまぁde西船」に行ってきた!

Pocket

あらまあde西船橋
・西船橋駅から徒歩2分
・近くにコインパーキング有
・初回限定1190円
・個室
・タオル、アメニティ類完備
・日焼けオイル・ジェルの持ち込み禁止
・通常の価格帯は30分2000円~4000円
・手ぶらでオーケー
・退出時間は部屋に入ってから1時間後

本格的にトレーニングを開始してから1年が過ぎ、それなりに筋肉も大きくなり体つきが変わってきた今日この頃。

筋肉といったらはずせないのが黒肌ですよね。

タンニングをすることによって筋肉のカットが深く見えたり、体がしゅっとして見えたりと、肌の色が少し変わるだけで印象がだいぶ変わります。

色がなかなか定着しにくい私は5月の頭から下地作りをするために天サロで徐々に肌を紫外線に慣らしていました。

2ヶ月が経ち夏の暑さがこたえるようになってきた7月には色白を卒業し、薄い小麦色くらいにはなっていたんですよね。

で、この時期になってコンテストに出場することにしたのですが、なかなか小麦色の先にいけない!

コンテストに出場するとなると、中途半端な色では筋肉のカットが消えてしまうという話を聞いたので更に黒さを増すために「日サロ」を利用することにしました。

前置きが長くなりましたが、今回はお世話になった日焼けサロン「あらまぁde西船」について書いていこうと思います。

スポンサーリンク

日焼けサロンあらまぁde西船橋

西船橋駅北口のエスカレーターを下って左手に見えるスーパーを目印に左方向に向かって線路沿いを歩くこと2分。ビルの一階に大きく「個室日焼けサロン」の文字が。

ここが 日焼けサロンあらまぁ西船橋deです。

店内は南国風のオシャレな内装で雰囲気がGOOD!

敷居が高そうな感じではなく、誰でも気軽に利用できる雰囲気を持ったお店です。

余談ですが、ここではリポビタンDが100円で売っています。

受付カウンターに行くと若くてギャルっぽい女性のスタッフが1人いました。

日焼けサロンの店員さんだけあって、お肌は濃い目の小麦色。

初めての利用という旨を伝えると、メンバーカードを作るために住所等を記入する用紙と、タンニングマシーンを利用する際の注意事項が書いてある同意書を渡されました。

このメンバーカードを作る時には身分証明書が必要になるのでお忘れなく♪

記入が終わりカードを受け取ったところで、タンニングマシーンいついて説明してくれました。

あらまぁdeには顔焼きのマシーン、寝そべるタイプのマシーン、立って焼くタイプのマシーンがあり、価格はW数にもよりますが30分1000円~4000円くらいということ。

ただし初回の人に限りどのマシーンでも30分980円という格安料金で焼くことができるのでかなり嬉しい!

どのマシーンでも一律料金となると通常30分4000円位するW数が高めのマシーンを選びたくなりますが、無理して焼くと今までの努力が水の泡になるので、高ぶる気持ちをぐっと抑えて店員さんにアドバイスをもらうことに。

で、アドバイスを聞いたうえで下地作りのマシーンよりも少し強めで、肌が痛くなりにくいという「ゴジラ」というマシーンを選択。ちなみにこのマシーンは寝そべるタイプです。

一通り説明を受けた後、部屋に移動する前にバスタオルとジェル、あとタンニング後に体を洗う用のスポンジをもらって個室へ。オイルは持ち込み不可ですが、専用のジェルは210円で買えます。

いよいよ日サロでの初タンニングが始まります!

レッツタンニング!

早速タンニングといきたいところですが、マシーンの操作は自分で行わなければならないので、初回の人は店員さんに方を教えてもらう必要があります。

上の画像にあるように頭の辺りにあるボタンで操作しますが、基本的にはマシーンの開閉と、暑さを緩和する送風機の風量調整ぐらいでそのほかは特に操作することはありません。

説明が終わったところで店員さんが退出し、体にジェルを塗ってマシーンの中へ。

ちなみにこのときは全裸です。

「スタート」ボタンを押すとマシーンのランプに明かりが灯り、紫外線が照射されます。

目をやられてしまうのでタンニング中は目を閉じるようにしましょう。

タンニングマシーンの中の状態はどんな感じかというととにかく暑い!です。

真夏の太陽の日差しを浴びてるかのごとく肌がジリジリとして、マシーン内はかなりの温度に。

送風機は付いていますが、冷風が出ないのでほとんど意味を成さずマシーンの中では汗だくです。

あとは音楽なども流れていないのでとにかく時間がたつのが長く感じます。

マシーンに入る前にスマホなどで音楽を流すと良い暇つぶしになると思います。

ただしイヤホンをすると、コードの形に添ってへんな焼け方をしてしまうので、その点だけは注意してくださいね。

タンニングビフォーアフター

タンニング前とタンニング後の色を画像を参考に紹介します。

まずはタンニング前のBeforeがこちら

そして「ゴジラ」で30分タンニングしたAfterがこちら

画像だと分かりにくいですが、やった本人としてはかなり色が付いた実感があります。

マシーンを使って焼いても赤くならずに黒くなってくれたのは5月からこつこつと下地作りにいそしんできた玉ものだと思います。

ただ、天サロのときに隠さなければならない下半身周りは赤くなってかなりヒリヒリしていました。

こればかりはどうしようもない…

とにかく初タンニングはとても満足の行く結果となりました。

お部屋の中を紹介

個室日焼けサロンということで、お部屋の中がどうなっているのか気になっている方も多いのではないでしょうか。

そんな方のためにここからはお部屋の紹介をしていきたいと思います。

まず全体としてはこんな感じです。

広さはホテルの洗面所より少し大きいかな~というところ。

ここからは見えませんが、ここ以外にタンニングマシーンが置いてある部屋と、シャワー室につながる扉があります。

広さとしては申し分なく、とても使いやすかったです。

前進を見ることができる大きな鏡が付いている点もグッドポイントですね。

シャワー室はこんな感じ。

そこまで広くはないですが、シャンプー、リンス、ボディソープがあります。

オイルと汗を洗い流す程度なのでこれだけあれば十分です。

その他のアメニティとしては整髪料や、ボディローションなどがあり、手ぶらできてもまったく問題ないくらいの備品は揃っています。

まとめ

こちらの日焼けサロンは駅から徒歩2分とアクセスもよくタオルやアメニティ類も必要最低限揃っているので、ちょっと日焼けしたいな~ぐらいの感じで気軽にこれるお店です。

また、最大の魅力である「初回限定1190円」を利用すれば本格的に焼きたい人から下地を作りたい初心者までお得にタンニングをすることができます。

1度訪れる価値は十分にあるので皆さんも試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてね♪