ビオチンの働き

Pocket

ビオチンの働き

ビオチンは「糖質」や「脂質」を代謝する酵素の補酵素として働きます。

また、「皮膚や粘膜の健康維持」、「遺伝物質のDNAの合成」、「アミノ酸の代謝」といった働きがあります。

最近では「妊娠の維持」や「胎児の発育」に必要な成分としても重視されるようになりました。

ビオチンの特徴

ビオチンは熱や酸に安定で、アルカリに不安定といった性質を持っています。

また、食品から摂取する以外にも、体内で腸内細菌によって合成されるといった特徴もあります。

ビオチンはいろいろな食材に含まれているので比較的摂取しやすい成分です。調理をする際に加熱しても破壊されにくいので、バランスの良い食事を心がけることが大切ですね。

ビオチンの過剰症と欠乏症

ビオチンは体に必要な分以外は速やかに尿中に排せつされるので過剰症の心配はありません。

ビオチンが不足することで起こる欠乏症は「脱毛」、「皮膚炎」、「粘膜の炎症」、「筋肉痛」、「倦怠感」、「不眠」などがあります。

ビオチンは腸内細菌によっても合成されるので普通に生活していて欠乏症になることはほとんどありません。

ただ、卵の白身を生で大量に摂取するとビオチン欠乏症になってしまう可能性があります。

というのも生の卵白に含まれる「アビジン」というたんぱく質が体内でビオチンと結合し、ビオチンが腸から吸収されるのを妨げてしまいます。

その結果、ビオチンの欠乏症が起こります。

生の卵白を1日5〜6個分以上食べると欠乏症になる可能性が高くなるので食べ過ぎには注意しましょう。

卵を加熱調理すればアビジンとビオチンが結合しないため卵白を大量に摂取しても欠乏症になる心配はありません。

ビオチンの推奨摂取量

ビオチンの推奨摂取量は成人の男性、女性とも「50μg/日」です。

ビオチンを多く含む食品

ビオチンを多く含む食品(μg)
・鶏レバー(60g)→139.4μg
・豚腎臓(100g)→99.5μg
・卵黄(20g)→13μg
・ピーナッツ(10g)→9.2μg
・アーモンドフライ(10g)→6.2μg

ビオチンは過剰摂取の心配がないので、不足しないように注意して毎日積極的に摂取することが大切です。

参考資料

改訂版栄養の教科書

栄養学の基本がわかる事典

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてね♪