サプリメントと医薬品の違い

Pocket

サプリメントと薬の違い

サプリメントは厳密には薬ではなく食品であるということは以前の記事で少しだけ触れました。

サプリメントって何?の記事はこちら

ではサプリメントと医薬品の違いは何なのでしょうか。

医薬品とサプリメントが属する食品とは、薬事法という法律で明確に分類されています。

そもそも医薬品というのは病気などの症状を抑えるための対症療法として生まれた化学合成物です。

これらを製造、販売するためには法律で定められている薬事法をクリアし臨床試験によって有効性や安全性を確かめ、厚生労働省の厳しい認定を受けることが必要です。

こういった様々な過程を経てようやく製品を販売する際に「〜に効く」と表示することができるのです。

医薬品というのは効果と安全性が立証されているものということができますね。

この医薬品に該当しないものはサプリメントであっても食品に分類されます。

ですから厚生労働省の認定を受けた製品でもないのに「〜に効く!」と言った謳い文句で販売されている製品には注意しなければなりません。

また、医薬品には用法、用量の規定や表示が必要になりますが、サプリメントなどの食品には医薬品のような規定や表示はありません。

ということは食品であるサプリメントはいつでも誰でもどんなに口にしても構わないということになります。

しかし、最近のサプリメントの成分や効能は医薬品の領域に入りつつあることも事実です。

主にビタミン類は風邪薬に入っている場合もありますし、サプリメントとして販売されているものもあります。例を上げるとビタミンCなどのビタミン類が該当します。

風邪をひいた人がどちらを服用したとしても、医薬品と食品でビタミンの働きに違いはありません。

しかし、いくら食品だからといってサプリメントを過剰に摂取してしまうと体に害を及ぼすこともあります。

摂り過ぎに注意して適切に適量を摂取することを心がけましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてね♪