グルタミンは筋トレに効果がない!?~真実を調べてみた~

Pocket

トレーニングをしている人なら1度は耳にしたことがあるかもしれませんが、今回はグルタミンの働きや効果があるのか無いのか、その辺のところを解説していこうと思います。

スポンサーリンク

グルタミンとは

グルタミンはヒトの体を構築する20種類のアミノ酸の1つで、非必須アミノ酸に分類されています。

「味の素」の成分であるグルタミン酸と間違えやすいですが、効果はまったく別物なので注意してください。

グルタミンは体内の全遊離アミノ酸の約60%を占めています。体内では「骨格筋」や「消化器系」、「免疫系」など、全身の機能を維持する役割を担っています。

グルタミンは切り傷や火傷、精神的ストレス、風邪を引いたときなど体に何らかのストレスがかかったときに大量に消費される為、非必須アミノ酸の中でも「準必須アミノ酸」と呼ばれています。

グルタミンの働きと効果

グルタミンについて調べると「筋肉の分解を防ぐ!」、「筋トレ後の疲労を軽減する」、「筋合成を促進する」といった内容が書いてあるサイトが多くありトレーニーングをしている人からしてみれば「グルタミンサプリメントの導入を考えようかな?」と思わせる内容のサイトがいくつもあります。

その一方で、「グルタミンは経口摂取でも血液に直接点滴しても筋肉合成を促進する効果はない」「経口摂取をしてもほとんどが腸で使われる為筋肉には届かない」といった前述のサイトとは相反する内容が書かれているサイトもあったりします。

結局どちらが正しいのか、白黒はっきりさせたいところではあります。

まずグルタミンが筋肉に有効と謳っているサイトと、グルタミンにはトレーニーが期待するような効果はないと謳っているサイト、どちらにも共通して書かれているグルタミンの効果が以下の表です。

グルタミンの働き
・消化機能をサポートする
・免疫力を高める
・傷の治癒を早める

グルタミンは腸管のエネルギーとして最も重要な役割を果たすといわれています。腸管には「絨毛 」(じゅうもう)という突起があり、食べた食物の栄養素はこの突起から吸収され、肝臓を通して全身へと送り込まれます。また、絨毛には細菌やウイルスの侵入を防ぐ役割もあります。

「消化機能をサポートする」、「免疫力を高める」といった効果は腸管のエネルギー源となり絨毛の働きを維持するといった事実から効果としての辻褄は合う気がします。

「傷の治癒を早める」といった効果も実際に医療の現場で手術後などにグルタミンを含んだ液体を点滴しているという事実があるため効果として認められます。

筋肉に対する効果のほどは!?

ここからは調べてきたことと私の実体験から書いていきたいと思います。

※あくまでも個人の見解なのでそこのところはご了承ください

結論から言うと私は「効果なし」に賛成です。

なぜ効果なしなのかというと、私自身グルタミンサプリメントを購入して朝、筋トレ後、就寝前に各10gずつ摂取していました。

しかしトレーニング翌日の疲労感というかだるさはグルタミンを飲んでいるときと飲んでいなかったときでほとんど変わりは無かったですし、挙句の果てには1週間以上続く風邪を引きました。しかも下痢ピーです(笑)

↓↓↓詳しくはこちらの記事↓↓↓

大容量でコスパよし!効果はその人しだい?Jarrow FOMULAS L-Glutamine(グルタミン)パウダー飲んでみた!

一応商品レビューを見て評判が良いものを購入したのですが、期待した効果は1つも実感できませんでした……

もちろん私には合わなかっただけとも考えましたが、今回改めて調べなおして「効果は無いのかも」と思うようになりました。

まとめ

私が効果を実感できなかっただけで中にはグルタミンの効果を実感している人も多くいます。

私としてもこのままあきらめたくはないのでもう1種類ぐらいグルタミンサプリメントを試してみてから自分の中で決着をつけたいと思います。

皆さんもどれが真実か分からなくなったら1度でいいから自分で試してみることが大事だと思います。

今回参考にさせていただいた記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてね♪