ハードゲイナーとは

Pocket

ハードゲイナーとは

ハードゲイナーとは一言で言うと「筋肉が付きにくい体質の人」のことです。

人の体型は大まかにハードゲイナーと呼ばれる「外胚葉型」、イージーゲイナーと呼ばれる「中胚葉型」、「内胚葉型」の3種類に分けられます。

ハードゲイナーの人はご飯をたくさん食べても太らない、筋トレをしても筋肉がなかなか付かないといった特徴があります。

芸能人でいうとナイナイの矢部っちや、アンガールズの田中などがこれに当てはまります。

ハードゲイナーの特徴

ハードゲイナーの特徴
・長身
・顔が小さい
・肩幅が狭い
・食べても太らない
・内臓が弱い
・乾燥肌
・低血圧

主な特徴はこんな感じです。

自分に当てはまるものが多い人は、ハードゲイナーかもしれません。

ハードゲイナーの人が気をつけること

前述の通りハードゲイナーの人は、食べても太らず筋肉も付きにくい体質ということはわかりました。

これを見て「頑張ってご飯食べたり筋トレしても意味ないんだ……」って思った方、諦めるのはまだ早いです。

いくら体質だからといって筋トレをしても全く効果がないということはありません。

ただ人よりも太る、筋肉が付くスピードが遅いだけであって、ハードゲイナーの人でも筋トレや食生活の改善をすることによってかっこいい体を手に入れることは可能です。

そもそもなぜ太らないのか。これにはいろいろな要因があります。

まずハードゲイナーの人は「体に必要なエネルギー量を摂取できていない」ということが考えられます。

ハードゲイナーの人というのは胃袋が小さめの人が多いため、「今日は吐く直前まで食べよう!」と思って食べても実際はそれほどの量を食べることができていない場合が多いです。

結果的に自分が1日に消費するカロリー以上のエネルギーを摂取することができなくなり、太らない、筋肉が付かないといった状態になっている可能性が高いのです。

もう一つの要因としては、内臓が弱く食べた食料を消化吸収しきれていないということが考えられます。

これは食が細いわけではないのになぜか太らない人に多い体質で、便に食べたものがそのままの形で含まれていることがあります。

そのままの形で出てくる=消化吸収されていないということになるので、栄養が無駄になってしまっていると言えるでしょう。

ハードゲイナーの人には食事に関してハンデがあるので、デカくなろうと一念発起して無理にご飯を食べる、プロテインをガバガバ飲むといった無茶な増量の仕方をすると体を壊してしまいます。

焦らずに体に負担がかからないように徐々に体を慣らしていくことが大切です。

ハードゲイナーの食事

ハードゲイナーの人は消化吸収能力が弱い傾向にあるので、消化の良いものを積極的にとるように心がけましょう。

消化のいい食材の例としては米、大根、キャベツ、かぼちゃ、じゃがいも、卵、豆腐、白身魚などです。

肉類には脂が多く含まれているためあまりおすすめできませんが、脂肪の少ない鶏の胸肉やササミなどはOKです。

どの食材も煮込み料理などにすると柔らかくて温かいので、消化吸収を助け内蔵への負担も軽減します。

さらに、食事を摂る際に意識したいのが「1日の食事を複数回に分けて食べる」、「よく噛んで食べる」ということです。

よく噛んで食べることのメリットは2つあります。

1つ目は口に入れた食材ががこまかく噛み砕かれることによって、体内で消化されやすくなります。

2つ目は唾液に含まれる消化酵素の働きによって、食べたものが体内で吸収されやすくなります。

2つとも大事なことなので太りにくい人ほど食べ物はよく噛んで食べる習慣を付けましょう。

もう1つ食べ方の工夫として1日の食事を複数回に分けるという方法があります。

ハードゲイナーの人は一度に多量の食事を摂っても、消化不良を起こすだけで体への栄養にはなりません。

そこで、1日に少量の食事を何回も取ることによって、食べたものを栄養に変える率を高めようということです。

食事を複数回に分ける方法は労働環境によっては難しいかもしれませんが、できるだけ実践していきたい食事法です。

ハードゲイナーにおすすめのサプリメント

食事の工夫が難しいという人はサプリメントを活用するのをおすすめします。

今では便利なものが増え、飲むだけで糖質とカロリーを摂取できる「ウェイトゲイナー」や、唾液や胃液に含まれる「消化酵素」をまとめて摂取できるサプリメントなども販売されています。

これらをうまく使っていけば必ず体重を増やすことができます。諦めずにかっこいい自分を目指していきましょう!

ウェイトゲイナー詳細はこちら

消化酵素サプリメント詳細はこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてね♪