ホントは怖いゼロカロリーの正体

Pocket

カロリーゼロとは

私たちの身のまわりには「カロリーゼロ」の飲料や食品があふれています。

肥満が気になる方やダイエットをしている方は、ついついゼロカロリー製品に手が伸びてしまうのではないでしょうか。

私自身甘いものが飲みたい時にはパッケージにデカデカと表記されている「カロリーゼロ」が目に入ると自然とそちらの方を手に取っていました。

そもそも、高カロリー=甘いものといった認識が当たり前となっている中で、販売されている商品がなぜ「甘いのにゼロカロリーなの?」と不思議に思われる方もいると思います。

これには厚生労働省が定めている「栄養表示基準」と、食品に添加されている「人工甘味料」と呼ばれる物質を使用したカラクリがあったのです。

栄養表示基準

厚生労働省が定めている「栄養表示基準」ですが、普段の生活の中ではまず目にする機会は無いかと思います。

実はこの栄養表示基準に則した商品であれば「ゼロカロリー」、「ノンカロリー」、「糖質フリー」といった表記ができるというルールになっています。

以下の表にまとめました。

カロリー表示

「ノンカロリー」「カロリーゼロ」表記
・飲料100mlあたり→5kcl未満
・食料100gあたり→5kcl未満

「カロリーオフ」「低カロリー」表記
・飲料100mlあたり→20kcl未満
・食料100gあたり→40kcl未満

糖類表示

「無糖」「ノンシュガー」表記
・飲料100mlあたり→糖類0.5g未満
・食料100gあたり→0.5g未満

「糖類オフ」「糖質控えめ」表記
・飲料100mlあたり→糖類2.5g未満
・食料100gあたり→5g未満

表示のルールはこのようになっています。

このルールから考えると、カロリーゼロを売りにしている500mlペットボトル飲料は最大で25kclのエネルギー、2.5gの糖質を含むということになります。

私たち消費者の知らないところで国の偉い人たちが決めた「栄養表示基準」によって、知らず知らずのうちにカロリーを摂取してしまっている可能性があるのです。

人工甘味料の正体

カロリーを抑えつつ甘味をつけるために食品に添加されているのが人工甘味料です。

これは砂糖やはちみつなどの天然甘味料とは違い、自然界に存在しないものを人工的に化学合成して作られます。

人工甘味料で日本で認可されているものは「アセスルファムK(カリウム)」、「スクラロース」、「アスパルテーム」、「ネオテーム」、「サッカリン」の5種類です。

人工甘味料がなぜカロリーゼロなのかというと、砂糖や蜂蜜、ショ糖などといった天然の甘味料は体に吸収されますが、人工的に作られた甘味料は「体内に入っても吸収されずにそのまま排出される」からです。

口に入れたときに甘味は感じますが、体内では吸収されないためカロリーはゼロということになります。

これが人工甘味料のカロリーゼロのカラクリです。

上述した人工甘味料は砂糖の数十〜数百倍の甘味を感じることができる、むし歯の原因にならない、低コスト、といったメリットがあるため、開発されてからというもの様々な食品に添加されています。

しかし、これらは開発されてからの期間が浅く、人体に対する影響などが明らかになっていないという側面も持ち合わせています。

近年の研究で人工甘味料に含まれる成分が体に害を及ぼす可能性があるという研究結果も出ているようです。

人工甘味料の危険性

現在人工甘味料によって、起こりうる可能性がある人体への害を以下の表にまとめました。

人工甘味料による害
・甘味依存症
・腎機能の低下
・血管系疾患発症リスク
・発がん性
・知能低下
・塩素による合成
・塩化メチレンの影響

アセスルファムK(カリウム)の危険性

「アセスルファムカリウム」は発がん性物質である塩化メチレンを含んでいます。

塩化メチレンを長期にわたって摂取すると「頭痛」、「抑うつ」、「吐き気」、「精神錯乱」、「視覚障害」、「発がん」が懸念されています。

スクラロースの危険性

スクラロースはショ糖に8個ある水酸基のうち特定の3個を塩素で置換したものでできています。

この「塩素」は殺菌剤、殺虫剤、プラスチックなどに使用されています。

スクラロースを長期的に摂取することによる影響はまだ明らかになっていませんが、「胃腸障害」、「頭痛」、「めまい」、「アレルギー反応」、「体重増加」、「血糖値上昇」などを引き起こすリスクが懸念されています。

アスパルテームの危険性

アスパルテームは1965年にアメリカの薬品開発の研究者が新しい胃潰瘍の薬を作る過程で偶然発見されました。

このアスパルテームによって起こりうる害としては、「知能低下」、「発がん」です。

研究者の間でも意見が別れているようで、今後に注目していきたい成分だと思います。

ネオテームの危険性

ネオテームは1998年に開発された比較的新しい人工甘味料で、構造はアスパルテームとほとんど変わりません。

健康への害で懸念されている要因として、ネオテームはアスパルテームの構造に「3.3-ジメチルブチルアルデヒド」が加えられていることです。

この物質は引火性や刺激性が強く、皮膚や目
呼吸器に対して刺激を起こす可能性がある物質です。

ですから考えられる害としては「知能低下」、「発がん」、「皮膚や目呼吸器への刺激」です。

ネオテームは比較的新しいこともあって人体に対する影響の研究が進んでいないという現状がある甘味料のようです。

サッカリンの危険性

サッカリンは5種類の人工甘味料の中で最も古い人工甘味料で、1879年にジョンズホプキンス大学の研究者によって発見されました。

現在では発がん性のリスクが懸念され、食品への使用が激減していますが、日本では漬物や水産練製品、歯磨き粉などには今でも使用されています。

人体に対する害としては「発がん性」が懸念されています。

まとめ

ここまで読んでいただいてカロリーゼロの秘密と人工甘味料の危険性は理解していただけたかと思います。

実際に調べてみて、どの甘味料もまだ研究途中で、人体への害が明らかになっていないものばかりなのではっきりとしたことは言えませんが、体に良くないということは事実だと思います。

万が一私たちに影響が出なくても子や孫の代に影響が出る可能性も考えられます。

これを読んでくださった方には完全に断つのは難しいとしても、意識して減らしていただきたいと思いますね。

また、トレーニングには欠かせないプロテインですが、美味しさを求めてフレーバー付きのプロテインを買うとまず間違いなく人工甘味料が入っています。

トレーニングをしている人は毎日飲むものなので出来る限り無添加なプレーン味の物を選ぶことをおすすめしたいと思います。

皆さんも栄養表示に注意して食品を選択するようにしましょう。

※参考資料 

カロリーゼロに騙されるな!本当は怖い人口甘味料の裏側

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてね♪