プロテインの飲み方~牛乳と水はどっちがいい?~

Pocket

皆さんはプロテインをどのように飲んでいるでしょうか?

「プロテインといったら牛乳に混ぜる!」という人が多いかと思いますが、混ぜるものによっていろいろなメリットデメリットがあるので注意が必要です。

プロテイン+牛乳

・お腹が下る(乳糖不耐症の人
・たんぱく質の吸収が遅くなる
・お金がかかる
・余計なカロリーを摂取してしまう

・お腹が下る

牛乳には乳糖という成分が含まれていて、日本人はこれを分解する酵素が少ないといわれています。日本人に牛乳を飲むとお腹がゆるくなる人が多いのはこういった理由があったんですね。

・たんぱく質の吸収が遅くなる

プロテインは牛乳に混ぜると吸収が遅くなります。牛乳のたんぱく質成分はカゼインが80%ホエイが20%といわれています。

そして牛乳に含まれるカゼインは吸収が遅く、ホエイは吸収されるのが速いといった特徴を持っています。

せっかく牛乳から吸収の早いホエイだけを取り出したのに牛乳に混ぜることによって、ホエイの良いところを潰してしまっているともいえるのです。

・お金がかかる

牛乳は安くても100円ぐらいはします。それに比べて水は蛇口をひねれば出てきますし、水道水が嫌でもコンビニで2L 100円で売っています。

長期的に見たら水で飲むほうがコストがかからないですね。

・余計なカロリーを摂取してしまう

牛乳には脂肪分がかなり含まれています。低脂肪乳でもある程度の脂肪分が含まれているので、ダイエットでカロリー制限をしている人は注意が必要です。

まとめ

プロテインを牛乳で割る場合と水で割る場合をまとめます

牛乳で割る場合
・乳糖不耐症でないこと
・増量中
・寝る前
・プロテインを美味しく飲みたいとき

・乳糖不耐症でないこと

プロテインを飲むたびにお腹を壊していては毎日が苦痛になります。牛乳で割る時の大前提として牛乳でお腹を壊さないことが大事です。

・増量中

余計な脂肪分を摂っても問題ない時期はバルクアップを目指す増量中です。このときは少しでも多くカロリーを摂りたいところなので牛乳で割ってもいいと思います。

・寝る前

就寝中は体に入ってくる栄養が無くなります。そこでプロテインを牛乳で飲んでたんぱく質の吸収を緩やかにすることで寝ている間でも血中アミノ酸濃度を高いまま維持できるので、寝る前にプロテインを牛乳で飲むのは効果的であるといえます。

・プロテインを美味しく飲みたいとき

チョコ味のプロテインは牛乳のミルク感がプラスされることによって、ミロやココアのような味になりかなり美味しくなります。

美味しくプロテインを飲みたいと思っている人も牛乳で割るのはいいと思います。ただ、トレーニング直後はすばやくたんぱく質を吸収したいので水で飲むことをお勧めします。

水で割る場合
・牛乳でお腹を壊してしまう人
・減量中
・トレーニング直後

・牛乳でお腹を壊してしまう人

牛乳でお腹を壊してしまう人はプロテインを牛乳で割らないほうがいいです。プロテインを飲むことが苦痛になりますし、下痢になることで栄養自体が吸収されず体に悪いことしかありません。

・減量中

減量中にはプロテインを水で割ったほうがいいです。カロリー管理に気をつかうので牛乳に含まれる脂肪分で余計なカロリーは摂取したくないですからね。さらに言うと水で割ったプロテインはあまり美味しくないので食欲減退効果も期待できます。(笑)

・トレーニング直後

トレーニング直後は体のたんぱく質合成力が高まっているので、いち早く血中アミノ酸濃度を高めたい時です。そういったときもプロテインを水で割ったほうが効率が良くなります。

・牛乳でお腹が下る人は

牛乳でお腹を壊しやすい人は少し高いですけどたんぱく質以外のものを限りなく削ったWPI製法のプロテインを試してみてください。

お腹を壊す原因である乳糖もしっかり除去されているのでお腹を壊すことは無いと思います。

プロテインの飲み方を見直してバルクアップを目指しましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてね♪