10000wのマシンが30分1300円!ハードトレーニングだけじゃなく本格タンニングもできる!カネキンさんの動画でおなじみ松戸「JET’S」にいってみた!!

Pocket

今回は私がタンニングをする時によく利用させてもらっているジム&日焼けサロンについてご紹介したいと思います。

実は去年のコンテスト前も高頻度で利用していたのですが時間がなくて紹介が遅れてしまいました💦。

東武アーバンパークライン六実駅から徒歩1分、筋トレユーチューバーとして有名なカネキンさんも通っていた知る人ぞ知るハードコアジム「JETS」です。

動画を見てゴールドジムにも引けをとらないほどの豊富なマシンとフリーウェイトがあるのは私もなんとなく知っていましたが、J’ETSはジムだけではなく「タンニングマシン」もあるんです!しかも安い!

存在は知ってるけど料金は?駐車場は?実際どうなんだろう?と気になっていた方必見です!

ジェッツのホームページはこちら

※館内の写真は許可を得て撮影しています※

スポンサーリンク

松戸JETSジェッツへのアクセス

ジェッツは東武アーバンパークライン(旧東武野田線)の「六実駅」が最寄り駅で駅から徒歩1分という非常にアクセスが良い場所にあります。

こちらが六実駅の改札を出て駅を背にしてみたときの風景

上の画像でいうと、こちらに向かって走ってくる白い車の後ろの建物がジェッツです。

画像左手に見えるのが駅前のローソン。

動画ではカネキンさんやイケさんが水を買っていましたね(笑)

駅前に店を構えるジェッツですがありがたいことに専用の駐車場が4台分あるので車で来ても問題ありません。

ただ、駐車場は建物の近くではなく少し離れたところにあるのでご注意ください。

ここでは鎌ヶ谷方面からのルートを解説していきます。

国道464号線を鎌ヶ谷方面に走り突き当りを右折して道なりに進みます。

中古車ショップの前を通って

東方鎌ヶ谷病院を左手に見ながらさらに進みます。

画像に見える信号の次の信号を左折し踏み切りを渡ります。

踏切を渡った直後に左手にちばぎんが見えるのでそこの信号を左折します。

進むと居酒屋とローソンが見えるのでここを右折します。

上の画像の右側にジェッツはありますが、駐車場はさらに奥にあります。

Yallah!が見えるこの通りをまっすぐ進み赤い自販機横の狭い1本道に向かって進みます。

狭い道を進み「島野成果食品」が左手に見えてきたらそろそろ駐車場入り口が見えてきます。

ここを左折してフェンスとフェンスの間を進んでいくと駐車場が見えてきます。

この駐車場の1~4番がジェッツの駐車場になります。

混雑していると停められないのでその点は運まかせですね(笑)

松戸JETSジェッツの設備

ここからはジムエリアとタンニングスペースを分けて紹介していきたいと思います。

まずはジムエリアから

外見は一見すると狭いのかな〜と思いますが、中に入ると奥行きがあり2階、3階もあるので 総面積はかなり広そうです。

館内に入るとまずマシンエリアが広がります。

1回奥にはフリーウェイトエリアが広がっています。

さすがハードコアなジムということでダンベルの重さがえげつないです。まだまだ私には扱えません(笑)

2階はタンニングスペースと更衣室がメインでそこまで広くはありませんが、ここにもマシンが置いてあります。

3階は主に背中のマシンがメインでプレート式のものがズラリと並んでいます。

面積は広いですが見ての通り館内はマシンで埋め尽くされているので少し窮屈に感じてしまうかもしれません(笑)

改めてみるとマシンの種類や数は圧巻です。

私はタンニングのみでジムを利用したことはないのですが、パッと見ても使い方がわからないマシンがあったりします。

もっとデカくなって重量が扱えるようになったら利用してみたいですね(笑)

ここで少し気になるのがジェッツの利用者がどんな人が多いのか?ということ。

利用者は私が見る限りだと男性が多く基本的に皆さんデカイです。

デカい&見た目がイカツイので館内に入ると萎縮してしまいますが、横を通り過ぎると皆さん「こんにちは!」と爽やかに挨拶してくれるので心配せずにジムを利用してくださいね(笑)

続いてタンニングスペースです。

2階に上がってウッドで仕切られたスペースに入るとタンニングマシンが6台あります。

着替えなどではここで行うので少し簡素に感じますが、価格が安いので文句は言えません(笑)

小タオル、バスタオルは用意されているのでタンニングだけの場合は手ぶらで来ても大丈夫です。

続いて更衣室とシャワールームです。

こちらが2階にある男性用ロッカールーム。

鍵付きのロッカーとシャワールームが2つあります。

ロッカーの利用方法はゴールドジムと同じような感じで、メンバーカードをスロットに差し込んで鍵がかけられるような仕組みになっています。

※シャワールーム利用時の注意事項ですが、洗面台の上にある給湯器のスイッチを入れないとお湯が出ないのでご注意ください。

ジェッツの水はなぜかめちゃくちゃ冷たいので冬に電源を入れ忘れると凍え死にます(笑)

松戸JETSジェッツの料金

ジム利用の料金

ジェッツは会員制のジムとなっていて入会時に月会費のほかに5,000円の入会費がかかります。

毎月支払う月会費は以下の通りです。

会 員 種 類 月 会 費
デイタイム会員 \3,000
高校生 \4,800
女性 \4,800
19歳まで \6,800
男性 \8,400

これだけのマシンがあってこの会費はすごいです。

特に高校生は4,800円でこの施設を使うことができるとは…うらやましいですね(笑)

ビジターは1日¥1,900円、10回回数券(使用期限無し)は12,500円です。

うん、ビジターでもやっぱり安いですね!

ジェッツ利用料金

安すぎる!?ジェッツのタンニングの料金

タンニングのみを行うメンバーもあり初回に500円の会員証発行手数料を支払うのみであとはマシン利用料金だけでタンニングを行うことができます。

ジェッツには6種類のタンニングマシンがあり出力は5000wから上は最大で16000wまであるので下地作りから本格的なタンニングまでここで行えます。

さらに驚くべきはその料金!8000wと10000wは30分で1,300円最高出力の16000wのマシンでも20分1,600円と日焼けのみを専門としているお店よりもかなり安い料金設定となっています。

また、支払い方法は現金のみですが、タンニング回数券というものがあり10,000円で13,000円分のタンニングができる回数券が買えるんです!!

これがほんとにありがたいんですよ!

安さの理由はジムと併設して人件費をかけないようにしている、パーテーション区切りでタンニングスペースを簡素化してコストダウンしているそう。

ただ、マシンはしっかりしていて私が初めてコンテストに出場したときの色はジェッツのタンニングマシンで作りました。

ここから

ここまで焼けました。

自分史上最大の黒さを作れたので感謝しています(笑)

タンニングが人気でフル稼働しているからなのか、画像にあるようにたまに故障中になってマシンが使えない場合があります。

また、自分が入りたいマシンに人が入っていた場合は空くまで待たなければなりません。

そういった無駄足を踏まないようにするために直接店に行く前に電話で予約することをおすすめします。

予約の仕方としては「8時からサンマックス30分いけますか?」みたいな感じで大丈夫です。

初めて利用する人はマシンによって操作方法が若干異なるので受付の人に申し出てくださいね♪

私は今までメガサン、サンマックス、クラシックを利用したことがありますが、メガサン以外は受付の人が時間を決めてマシンをスタートさせます。

受付でマシンとタンニングする時間を決めると「何分後にスタートしますか?」と聞かれるので「二階に上がる」、「服を脱ぐ」、「ジェルを体に塗る」の作業にどれくらい時間がかかるか逆算して時間を申告する必要があります。

私は大体5~6分後を目安にスタートしてもらいますが、慣れないうちは長めに時間をとってもいいかもしれません。

準備が間に合わないとマシンが勝手にスタートしてその分の時間が無駄になってしまうのでご注意ください(笑)

ジェッツタンニング料金

まとめ

館内はかなり年季が入っていますがジムとタンニングマシンは初心者から上級者まで満足できる設備となっています。

個人的な感想ですが、大浴場、プールがないだけで大手のジムなんかよりよっぽど設備が充実しています。

純粋にハードなウェイトトレーニングをしたい方は是非一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

私ももう少し重量が扱えるようになったらここでゴリゴリにトレーニングしてみたいですね(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてね♪