とにかくアツい!GOLDGYM主催マッスルビーチin江ノ島に行ってきた!

Pocket

スポンサーリンク

凡ミスの連続で始まった「マッスルビーチin江ノ島」観戦

2017年7月22日神奈川県は江ノ島にある片瀬海岸西浜で行われた「マッスルビーチin江ノ島」に行ってきました。

イベントが始まるのは午前10時からで、それにあわせて家を午前7時に出発。

お金をケチって高速道路を使わず下道オンリーで江ノ島に向かうも途中で渋滞にハマったり、腹痛に襲われたりした結果到着したのは午前10時半。

早くも出鼻をくじかれテンション下がり気味で海辺に到着。(TдT)

しかし、最大のミスを犯したのはここからだった。

予定通りに到着できなかったイライラと疲れから、ろくにあたりも見渡さずとりあえず浜辺を歩き始める。

歩けど歩けどイベント会場らしきものは見つからず、いるのはサーファーや普通に遊びに来ている人ばかり。

マッスルビーチなのに全然マッチョがいねぇ~~~!!!(# ゚Д゚)

フィジークやビキニのコンテストもやっているという情報を得ていたためそれらしい人ごみやテントに向かって歩き続けるも、近くで見ると海の家🏠や潮干狩り🐚をしている団体客のみ。

トータル30分くらい歩き続けてそれらしいテントや団体が無くなり始めた頃、ちょうどライフセーバーのお兄さんがいたのでどこでイベントをやっているのか聞いてみることに。

私:「すいません、今日江ノ島でイベントとかってやってますか?」

お兄:「イベントですか?そういったものは特に…ちなみにどんなイベントですか?」

私:「ゴールドジムが主催してるマッスルビーチin江ノ島っていうイベントなんですけど、日時は今日のはずなんですよね~」

お兄「あ~それでしたらあちらですね」

といってお兄さんが指した方角は自分たちが歩いてきたのとは正反対の方角だった……

チッキショ~~~~~~!!!!!!!!!(# ゚Д゚)

物事がうまくいかないときこそ冷静に行動しなければなりませんね(^o^;)

結局反対方向に向かって歩き続け着いた頃にはフィジーク&ビキニの表彰式が終わっていました

無念!

気を取り直して観戦したデッドリフト大会

1番楽しみにしていたフィジーク&ビキニコンテストは終了していたけどそれ以外にもデッドリフト大会があったので気を取り直して見物することに。

大会は女性の部から始まるのですが皆さんかなりパワフル!!

1人2回試技を行うというルールで使用重量が軽い人から順にバーベルを引いていくわけですが、1番スタートの人で80kgスタート!

しょっぱなからこの重さって、いったいどんなゴリゴリ娘が出てくるのかとソワソワしていると、登場したのは小麦色に日焼けしたかわいらしいいまどきの女性。👩

体系は下半身がしっかりしているものの全体的にはスレンダーでとても80kgの重さを引けるようには見えない。

司会者の掛け声を合図にセットポジションに入り上半身と下半身を固定。

ぐっと力んだ瞬間に80kgのバーベルが上がった!しかもまだ余力がありそうな感じ。

そのスレンダーな体からは創造できないくらいパワフルでかなり衝撃的だった
Σ(・∀・;)

その後も決してゴリゴリのマッチョとはいえない女性たちが100kg付近のバーベルをどんどんブチ上げる!

いろんな意味でめちゃくちゃ興奮した!

1番重いバーベルに挑戦した女性が引いたのはなんと125kg!しかもデッドリフト成功!!\(^o^)/

人は見た目によらないという言葉を痛感したのと同時に、自分も負けていられない!と尻をたたかれた気分になった。

女性の部が終わって、次はいよいよ男性の部

男性は男性でモンスターばかりだった。

200kgオーバーは当たり前で1番重いバーベルを引いた男性が驚愕の270kg!あんなにしなったバーベルは初めて見たな。

自分もいつかはこのレベルに到達したいと思います(笑)

マッチョの中でもひときわ目立つマッチョ29のお2人

デッドリフト大会を観戦している途中、何人かのパトロンが誰かと写真を撮っているのが目に入ってきた。

よくよく見るとマッチョ29の植田さん相澤さん?がいた!

二人とも動画で見るよりかなりでかくてびっくり。一緒に写真を撮ってもらったけど完全に月とすっぽん

フィットネス業界の第一線で活躍する人との実力差を生で体感できたのはすごく良い経験だった💪

まとめ

今回のマッスルビーチでは自分の実力を思い知るのと同時に筋トレに対するモチベーションがいっそう高まった!

彼らに少しでも近づけるように日々の筋トレに全力で取り組もうと思います。

もし開催するなら来年も行こう(`・ω・´

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてね♪