筋トレ15ヶ月~減量終了からのカーボアップ~

Pocket

筋トレを開始してから15ヶ月が経過しました。

また、カロリー制限による減量を始めてから3ヶ月が経ちます。

当初減量の期間として定めていた4ヶ月が経過したので、ここで減量は終了となります。

減量開始時は体脂肪率8%以下を目標にしてこの4ヶ月間を過ごしてきました。

まず結果からいうと体脂肪率8%以下は達成できませんでした

こちらがInBodyという高性能な体組成計で測定した結果です。(測定日はカーボローディング終了後の2017/6/29です。)

体脂肪率は10.5%!あと少しだった~!!

非常に悔しい結果に終わったため、絞りきれなかった原因を思い返し、自分なりに反省点をまとめてみます。

今回の減量の反省点
・増量で体脂肪を付けすぎた
・たんぱく質の摂取量が多すぎて炭水化物の摂取量が減ってしまった
・絞りきってない状態でのカーボローディングはやはり逆効果だった

まず第一の失敗は増量期に脂肪を付けすぎたことです。

体重はMAXで83kgまでいき、測ってはいないですが体脂肪率は20%を越えたと思います。(筋トレ11ヶ月の記事を参照

この状態から絞っていくのはかなり辛かったです。

2つ目の失敗はたんぱく質を多く摂取しすぎたことです。

筋トレについて書いてあるサイトや動画を調べていて、「高たんぱく食は脂肪を燃焼させる」というものを見つけました。

それを参考に、たんぱく質220~240g、炭水化物180~160g、脂質を20g以下に抑えるように食事内容を調整し減量を続けていましたが、残り1ヶ月ほどになって体重の減少が思うように進まなくなりました。

そうなった時に食事から何を減らしたかというと炭水化物です。

たんぱく質の量は絶対に減らしてはいけないという意識があったため消去法で減らすものは炭水化物しかありませんでした。

たんぱく質の量を減らしてはいけないといっても限度があります。

自分の場合少なくとも体重×3g以上のたんぱく質を摂取していたのでたんぱく質が不足する事はまずありえません。むしろ多すぎるぐらいです。

多すぎるたんぱく質は余剰カロリーとなってしまい減量を妨げていたのかもしれませんね。

それプラス炭水化物の摂取を減らしたことによる代謝の低下が起きたため体重減少が思うようにいかなくなったのだと思われます。

3つ目は失敗というより自分で体感したことなのですが、絞りきっていない状態でカーボローディングを実施したら筋肉が張るような感じはあるもののカットが薄くなりました。

画像を見比べてみると、カーボローディング前のほうが明らかに腹斜筋のカットがはっきりしています。

カーボローディングの反応を自分で体感できたのはかなり良い経験になったと思います。

次の減量では今回の反省点を踏まえ体脂肪率1桁を実現できるようにします!

2017/6/30現在の体重69.2kg

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてね♪