ビタミンB6の働き

Pocket

ビタミンB6の働き

ビタミンB6は「たんぱく質」、「アミノ酸」の代謝に関与する酵素の補酵素として働きます。

他にも、神経伝達物質である「ドーパミン」や「セロトニン」などの生合成、ホルモン作用の調節にも関与しています。

ビタミンB6の特徴

ビタミンB6は紫外線で分解されるという性質を持っています。

動物性、植物性のたんぱく質に多く含まれていて腸内細菌によって体内でも合成されます。

他のビタミンB群と比べても比較的摂りやすいビタミンと言えますね。

ビタミンB6の過剰症と欠乏症

ビタミンB6は水溶性ではありますが、多量に摂取すると「知覚神経障害」や、「腎臓結石」が起こると考えられています。

ビタミンB6が不足することで起こる欠乏症は「アミノ酸代謝の異常」、「食欲不振」、「成長の抑制」、「口角炎」、「脂漏性皮膚炎」などがあります。

ビタミンB6は腸内細菌によって体内で合成されるので、欠乏症になることは稀だと思います。

ただ、トレーニングをしている人で日常的にたんぱく質を多く摂取している人には欠かせない成分です。

ビタミンB6の推奨摂取量

ビタミンB6の推奨摂取量は成人男性で「1.4mg/日」、成人女性で「1.2mg/日」です。

これはあくまでも推奨量なので、人によって必要量は変わります。

ビタミンB6は、摂取するたんぱく質に対して必要量が増えていきます。

摂取目安量は「たんぱく質1gあたり0.023mg」です。

プロテインなどを利用してたんぱく質を多めに摂取している人はビタミンB6を積極的に摂りましょう。

ビタミンB6を多く含む食品

ビタミンB6を多く含む食品(mg)
・牛レバー(80g)→0.71mg
・鶏ささみ(80g)→0.53mg
・マグロ(80g)→0.86mg
・サンマ(100g)→0.51mg
・にんにく(10g)→0.15mg

ビタミンB6は普段の食事で過剰摂取になることはほぼないので、不足しないように注意して毎日積極的に摂取することが大切です。

参考資料

改訂版栄養の教科書

栄養学の基本がわかる事典

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてね♪