GI値とは

Pocket

筋トレをしている人なら聞いたことがあるかもしれませんが今回は「GI値」について解説していこうと思います。

GI値とは

GIとはグリセミック・インデックスの略で、食べた食品が体内で糖に変わり「血糖値が上昇するスピード 」を計ったものです。

私達の体のエネルギー源の1つである「ブドウ糖」を摂取したときの血糖値の上昇率を100としてその食品がどれだけの時間で血糖値を上昇させるかを数字で表します。

このGI値が低い食品ほど血糖値の上昇が遅くなりインスリンの分泌量も抑えられるということですね。

高GIの食品は70以上、中GIは69~56、低GIは55以下と言われています。

血糖値とインスリン

血糖値調整のメカニズムはこうです。

食後体内で分解されてできたブドウ糖が血管内に入る

血液中の糖の上昇を感知してすい臓からインスリンが分泌される

インスリンの働きにより血液中の糖が臓器細胞や筋肉に取り込まれエネルギーとして利用したり、蓄えたりする。(グリコーゲン

血糖値が一定に保たれる

このような流れになっています。

食品別GI値

高GIの食品(70以上)
・精白米
・もち
・うどん
・ジャガイモ
・にんじん
・とうもろこし
・コーンフレーク

中GIの食品(69~56)
・玄米
・さつまいも
・かぼちゃ
・里芋
・バナナ

低GIの食品(55以下)
・そば
・春雨
・きのこ
・大豆製品
・ほうれん草
・大根

食品のGI値を知りうまく活用して健康管理に役立てていきましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてね♪