NO系サプリメントってなに?

Pocket

NO系サプリメントとは

そもそもNO系サプリメントとは何なのでしょうか?

簡単に言うと体内でNO(一酸化窒素)を作り出すための成分が入ったサプリメントです。

これから詳しく説明していきたいと思います。

L-アルギニンとL-シトルリン

一酸化窒素を作り出す成分はアミノ酸の一種であるL-アルギニンL-シトルリンです。

このL-アルギニンはある程度の量は体内で合成できるため非必須アミノ酸に分類されていますが、最適な健康を維持するために体はそれ以上の量を必要としているため、半必須アミノ酸とも呼ばれています。

これらはたんぱく質が豊富な肉、魚などに多く含まれているのですが、1日の摂取量をまかなうためには余分な脂肪なども摂取することになり、健康を維持するどころか害してしまう可能性もあります。

そこで純粋にL-アルギニンとL-シトルリンのプラス効果のみを与えてくれるのがサプリメントということです。

L-アルギニンとL-シトルリンの1日の摂取量

ルイス・J・イグナロ博士は1日の摂取量を以下のように著書で示しています。

L-アルギニンの摂取量
①・1日1回(就寝前)3〜6g
②・1日2回(朝と就寝前)朝に2〜3g、就寝前に2〜3g

上記のことからL-アルギニンの推奨摂取量は1日6g(6000mg)ということになります。

続いてL-シトルリンの摂取量です。

L-シトルリンの摂取量
1日1回(就寝前)0.2〜1g

以上のことからL-シトルリンの推奨摂取量は1日0.2〜1g(200〜1000mg)ということになります。

これはあくまでも推奨量であり上限ではありません。

ご紹介したのは目安であり、運動強度や体格、年齢、性別によっても多少の差はあると思います。

L-アルギニンもL-シトルリンも1日の摂取量の上限は無く、体内で使われず余った分は尿や便と一緒に体外に排泄されます。

イグナロ博士も「L-アルギニンは体内で使われず余った場合は体外に排泄される。問題なのは摂り過ぎることではなく、体が必要としている量に満たないことだ」と著書で言っています。

ですからこの量を厳密に守る必要はないと思いますが、過剰に摂取するのも良くありません。

不安な方や持病をお持ちの方はかかりつけの医師に相談してみるのもいいでしょう。

ちなみに私はL-シトルリンを1日2.4g(2400mg)、アルギニンを9g(9000mg)を3〜4ヶ月間毎日摂取していますが今のところ体の不調はありません(笑)

1点、L-アルギニンは単体だとアルカリ性が強く、消化器官が荒れ、腹痛などを引き起こす場合があるようなので酸性のもので中和して飲む必要があるみたいです。

私はL-アルギニン:クエン酸=2:1の割合で混ぜて飲んでいます。

私がNO系サプリメントを飲む理由

そもそも私がNO系サプリメントに注目したきっかけは筋力トレーニングの効率を良くするためです。

筋トレについての情報を調べていた時にこのNO(一酸化窒素)にたどり着いたわけです。

そしてこれらについて調べていく中で、筋トレのみならず健康維持にも役立つことを知りました。

今ではアルギニンとシトルリンをメインに飲んでいますが、筋トレの効率は自分の中でも良くなっている実感があります。

具体的なことはNow Foods L-アルギニンとL-シトルリンを使ってみての記事で書いているのでここでは割愛させていただきます(^_^;)

自分で効果を実感できているので筋トレのため、また今後の自分のためにも種類は色々と変わるかもしれませんがNO系サプリメントを飲み続けていこうと思います。

トレーニングをしている方も健康に気をつけている方もぜひ一度試してみてください♪

一酸化窒素ってなに?の記事へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてね♪