サプリメントってなに?〜国産と海外製の違い〜

Pocket

サプリメントって?

現在の日本では人々の健康志向が高まっていて、様々な種類のサプリメントが販売されています。

みなさんはサプリメントと聞いてどのようなイメージを持つでしょうか?

多くの人は”薬”というイメージを持たれるかと思います。

確かに錠剤のものが多く、見た目や名前から薬と思うのは仕方がないかもしれません。

しかし、サプリメントは厳密には薬ではありません。日本では”栄養補助食品”という位置づけとなっています。サプリメント先進国のアメリカでは食品と医薬品の間という風に考えられています。

少し曖昧な表現になってしまいましたが、これには日本とアメリカの制度上の違いが深く関わっているのでまずはその辺りを説明していきたいと思います。

これを見てサプリメントに関する考え方を変えていただけたら幸いです。

サプリメント大国アメリカ

今日本でブームになっているサプリメントですが、もっと古くからサプリメントが生活の一部になっている国がアメリカです。

アメリカは世界的に見てもサプリメントの市場規模が大きく”サプリメント大国”と呼ばれています。

ではなぜアメリカでサプリメントが発展していったのでしょうか?

それは日本とアメリカの”保険制度の違い”にあります。

私達が病院に行き、医療を受ける時は必ず健康保険証を提示します。これは健康保険に入っていると医療費が3割負担で済むといった制度を利用しているからです。日本国民は全員健康保険制度に加入するように原則的に決められています。

一方アメリカでは全ての国民が国の健康保険に加入しなければならないという義務がありません。

アメリカでは高すぎる保険料を支払えず無保険で生活をしている人が国民の約15%いると言われています。

無保険の人々は医療を受けるときに高額な代金をすべて自分で負担しなければならないのです。

こういった制度上の背景から”病気になる前に予防しなければならない”といった意識が強く根付き、アメリカではサプリメントが多くの人に活用されるようになったのです。

また、法律の観点からも日本とアメリカには違いがあります。

アメリカでは1994年に”DSHEA”(ダイエタリー・サプリメント健康教育法)というサプリメントを定義する法律が制定されました。

これによって製造メーカーはサプリメントの情報(用法用量、飲む時間帯成分等)を消費者に提示しなければならなくなりました。

現在の日本にはサプリメントを定義する法律がないので、メーカーにとって都合の悪い情報が隠され、消費者が必要な情報を得られないといった状態にあるといえます。

※ただ、法律の有無で日本のサプリメントがアメリカのものよりすべて劣悪であるわけではないのでそこは勘違いをしないでいただきたいと思います。

こういった理由からサプリメントは日本<アメリカというふうに考えられているのです。

日本とアメリカのサプリメント

ここまでの話で日本とアメリカのサプリメントの在り方の違いは大まかに理解していただけたかと思います。

では実際のところ”アメリカ製のサプリメント”と”日本製のサプリメント”どちらがいいのでしょうか?

私個人の意見にはなりますが、安全性、価格、成分量を総合的に見てアメリカ製のサプリメントのほうが良いです。

まずは”安全性”です。アメリカではFDA(アメリカ食品医薬品局)という政府機関が、食品、医薬品、化粧品などの品質を厳しくチェックしています。

この機関があるため、製造メーカーは成分等を誤魔化したままサプリメントを製造、販売をすることができません。

このようにアメリカでは消費者の安全を国が守っているのです。

また、最も高品質である医療用サプリメントは”GMP”(適正製造範囲)という規格で作られています。簡単に説明すると”原料の入庫→製造→出荷までの過程で一定の品質が保たれるように定められた規則とシステムのこと”です。

これはWHO(世界保健機構)が作成したものが規範となっていて、このGMPマークが付いた製品は、医薬品と同等の価値があるサプリメントとして認められるのです。

この時点でサプリメントに対する考え方で、日本の”食品”とアメリカの”≒医薬品”という明確な差が見えてきましたね。

続いて”価格”と”成分量”です。私が現在飲んでいるシトルリンを例に見ていきましょう。

今回比較したのは”DHCシトルリン”と”Now Foodsシトルリン1200mg”です。

まずはDHCの方から見ていきましょう。

DHCシトルリン
内容量→1日3粒目安30日分
1日あたりの成分→シトルリン825mgアルギニン150mg
価格→¥1234

続いてNow Foodsです。

Now Foodsシトルリン
内容量→120粒1日あたり1〜2錠
1日あたりの成分→シトルリン1200〜2400mg
価格→¥2850

同じ1ヶ月分に換算するとNow Foodsのシトルリンは¥712円となります。

このように純粋なシトルリンの含有量、価格、品質を見比べてみても国産のものよりアメリカ製のサプリメントが勝っています。

今回紹介したのはほんの1例です。興味を持たれた方はサプリメントを探すときに信頼あるブランドのサプリメントを探し、すべての面で納得できるものを見つけましょう。

サプリメント活用方法に続く

  

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてね♪