メンズリゼ永久脱毛の記録~VIO1回目~

Pocket

スポンサーリンク

メンズリゼ永久脱毛の記録VIO1回目

2018年4月5日、1回目のVIO脱毛を行いました。ヒゲと同様痛みが強い箇所といわれていたため今回も麻酔を使用しての施術です。

照射の痛みや経過について書きていきます。(部位が部位なので手書きの画像で失礼します。(笑))

VIOへ麻酔薬の塗布

前回のヒゲ脱毛と同様、施術開始の30分?1時間?(忘れました!)前にクリニックに行き、同じ要領で施術する部位に麻酔クリームを塗っておきます。

ヒゲのときの反省を活かして今回は素手で塗りましたが、ポリ手袋をしている時よりもクリームがよく伸びるので無いほうが確実に良いですね。

ここで、麻酔を塗るときのアドバイスが2つあります。

まず、クリームの塗り方ですが看護師さんは多少厚みが残る程度に塗ったほうがいいと言っていましたが薄く塗りのばしても普通に効果があります

さすがにすり込むほどガッツリやってしまうと効果が出るかちょっと分かりませんが、薄塗りでもラップで密閉して肌に密着するので、ある程度の薄さなら問題ありません。

もう1つは、看護師さんたちはレーザーのうち漏れがないように照射範囲をかなり広く取ります。

上半身のときにやったへその下(ギャランドゥ)の辺りまでレーザーを照射するので、麻酔は思ってるより広範囲に塗っておいたほうが良いです。

私もそこはノーマークで尻穴周りや竿、玉袋はレーザー照射時でも痛みがありませんでしたが、ギャランドゥのところがなかなか痛かったので、余裕があったら塗っておくのをおすすめします。

あと竿の際と穴の際もレーザー当たるのでしっかり塗らないと激痛に耐えるハメになるのでご注意ください。笑

ラップを巻くのは範囲が広くてそれなりにしんどいですが何とか密閉しましょう。

私は右太もも、左太もも、腰周りの3分割で巻いたら良い感じで密閉できました。

VIOへ医療レーザー照射

予約の時間になり男性看護師さんが施術室へ案内してくれます。

そして身に着けている衣服を全て脱ぐように指示を出して看護師さんは一旦席を外します。

そうしたら衣服を全て脱ぎ、その後クリニック側が用意しているバスタオルを腰に巻いて準備万端です。

看護師さんが入ってきて施術を始めていきますが、このときにバスタオルを剥がれるので正直言ってかなり恥ずかしかったです。(笑)

が、看護師さんは手慣れた様子で世間話をしながらスピーディーにレーザーを照射してくれるので、数分もしないうちに恥ずかしさは消えました。

今回は麻酔薬をしっかりと塗れたのでレーザー照射中も痛みを全く感じず非常に楽に1回目の施術を終えることができました。

一回目のレーザー照射後

レーザー照射直後は痛みこそなかったもののかなり赤みが出ました。

もらった軟膏を塗ろうか塗らないか迷いましたが、やはりステロイドということを考えると何故か塗る気が起きずそのまま放置。

特に異常が起きることもなく赤みは1〜2日で引いたので良かったです。

ヤバイぞ!毛が生えてこない!

レーザー照射後からの経過は順調で、1週間、2週間と経過しても毛は生えてきません。

「大丈夫大丈夫。こっから生えてくるんでしょ笑」

なんて思いながらさらに2週間が経過。

「あれ!?まだ生えてこない!!!???」

これには正直焦りました。

脱毛しているとはいえ大事なところの毛が全くない状態が1ヶ月続いたのです。

「俺は清潔な男になるんだ、いっそツルツルにしてしまえ!」と意気込んでいたわけですが、いざ生えてこないとなるとかなりソワソワします。

減量初期とかぶっていたので上半身はガッチリしてそこそこたくましいのですが、下半身だけがアンバランスにめちゃくちゃ幼く見えます。笑

毛があるのとないのでここまで違うとは……

で、1ヶ月を経過した頃からうっすらと生え始めはしましたが、薄いし短いしで銭湯に行くのはちょっとためらいがあります。

脱毛開始当初は「全部いっちゃおう!」と思っていましたが、、、実際にツルツルになってみると再考の余地がありそうです。(笑)

あと、レーザを照射したとはいえ毛の生え始めの時には普通に毛を剃った時と同じように赤いポツポツ&チクチクしたかゆみは起きますのでご注意ください。

まとめ

今回VIOの医療レーザー脱毛の一回目を終えて、痛みがない状態で施術を終えることができたのは良かったです。

また、一回目ということもあって普段人から見られるどころか自分でも見ることがないような部分にレーザーが当てられるのでそれなりに恥じらいがありました。

ただ、一回やってしまえばそれなりに慣れます。

どうしても恥ずかしい人は麻酔無しでやってもらえば痛みでそれどころではなくなるかもしれませんよ笑

それと現実問題ツルツルにするのはいかがなものかと考えさせられました。

確かにツルツルのほうが清潔で爽快感もあり感度も上がる、などなど、良いことづくめなのですが、サイズが日本人の平均ぐらいだと下半身がかなり幼くなってしまいます。

もともと色黒の人、タンニングでこの先ずっと黒い状態でいく人、サイズが日本人の平均を超えている人はツルツルもありかもしれません。

とりあえず次回まで時間はあるのでゆっくり考えたいと思います。(笑)

メンズリゼのサイトを見てみる

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてね♪